道に迷う

道に迷う
カーナビを使って運転していたら、

「新しい道ができていて、どこを走っているのかわからない!」

こんな経験ありませんか?

そんな悩みを解決してくれるのがスマホの車載キットです。
スマホの車載キットを車に取り付けることで、スマホを最新のカーナビをして使うことができます。

スマホを車載ホルダーにセットすればいつでも、スマホでカーナビが使えます。
最新の情報に更新されるので迷うことがありません。

スマホの画面は、カーナビより小さくてみずらいかもしれませんが、
音声ガイドと併用すれば安心です。
しかも、渋滞回避ルートも選択できるので、いつでも空いている抜け道が見つかります。

スマホの車載キットを車に取り付け、スマホをカーナビとして活用してみました。

スマホの車載ホルダー取り付けは簡単

車載ホルダー
車についているカーナビのデータが古くなったので、スマホのカーナビアプリを使うために購入しました。

スマホの車載ホルダーを取り付けて良かったのは、
しっかりと設置できます。
向きの設定の自由度が高く便利です。
(アームの上下と長さ、ホルダー部分の向きがかなり自由に調整できます。)
片手で着脱ができます。
(ホルダーに押し込むと左右のアームがスマホを挟み込み、その下にでっぱるボタンを左右から片手でつまむと外れます。)
ホルダーの下の支えが動かせるので充電ケーブルに干渉しません。

車載ホルダーでスマホのカーナビを使うと

デメリットとしては、カーナビにくらべて画面が小さいです。
運転中に見るのは危険ですから音声ガイドや助手席の人に見てもらうのがいいでしょう。

メリットとしては、新しい道ができてもすぐに更新されること。
最新の渋滞情報もわかること。
到着時間予測が正確にわかること。

などデメリット以上のメリットがあるといえます。

SmartTap オートホールド式 車載ホルダー EasyOneTouch2

SmartTap オートホールド式 車載ホルダーは、取り付けも簡単で使いやすくおすすめです。

SmartTap オートホールド式 車載ホルダーの特徴

特許取得のワンタッチロック&リリース機能「EasyOneTouchシステム」
「EasyOneTouchシステム」で、指一本・ワンプッシュで機器の脱着が可能です。

新開発の特殊粘着ゲル吸盤「Sticky Gel Pad」
シボの荒いザラザラしたダッシュボードや、湾曲した部分にも、しっかりと吸着する事が出来ます。

SmartTap オートホールド式 車載ホルダーの吸着力はまず問題ないです。
アームの長さが変えられることができ、ハンドル近くにスマホをホールドでき操作性が抜群です。
スマホをホルダー面に押し込むと挟み込んでロックしてくれる機構がGOOD!。
外すときも楽々です。
一番良かった点は、通常のアーム取付方ではなく、反転した状態で台座にアームをつけることで、台座位置より下方にホルダーを固定できます。
スマホが前方視界を遮ることなく、かつ下過ぎない位置に固定できますよ。

本当にベストポジションで取り付けできます。
おススメです。

SmartTap オートホールド式 車載ホルダー EasyOneTouch2 ( 伸縮アーム 粘着ゲル吸盤 ) HLCRIO121