甘酒ダイエット方法!

甘酒がダイエットによいと話題になっていますね。

テレビでその効果は大きな話題となっています。

甘酒ダイエットの効果とは、どんなものがあるのでしょうか。

甘酒といえばお正月に飲むイメージが強い飲み物です。

しかし、甘酒の起源は古墳時代に遡るほど古い飲み物なんです。

また甘酒は、江戸時代には夏の風物詩として人気が高く夏に飲むことで夏バテを防ぐ目的がありました。

最近では、ずいぶん甘酒の商品も増えましたね。

スーパーやコンビニで手軽に購入することができるようになりました。

甘酒の嬉しい5つ!美容効果と疲労回復、ダイエットに嬉しい効果

甘酒でダイエットすると、ダイエット以外にも嬉しい効果がありました。

その効果について確認してみましょう。

美肌効果

美肌効果

 

甘酒には、ビタミンB2 が多く含まれています。

ビタミンB2は、肌の機能を活性化する効果があると知られています。

甘酒のビタミンB2が、肌を保湿する効果とハリや弾力を取り戻してくれます。

さらに甘酒には、ビタミンB2だけでなく、ビタミンB1、B6、ナイアシンなどのビタミンB群もしっかりと含まれています。

ビタミンB群は、タンパク質の合成にも関わっているので内側から肌をキレイにしてくれます。

甘酒の原料である麹は、シミの原因となるメラニンの生成を抑えてくれる効果があります。

つまり、美肌効果も期待できますね。

チョコラBBなどのビタミンB剤がいろいろ発売されているように、ビタミンB群必ず摂っておきたい栄養素です。

脂質の代謝促進

効果

甘酒の中に含まれるブドウ糖には血糖値を上げる働きがあることから満腹感を得やすくする効果あります。

ブドウ糖は、身体や脳を動かすためにも欠かせないエネルギー源。

普段の生活の中で、体調がなんだかすぐれない日もありますよね。

また、食欲がない時。

食事で栄養バランスが摂れていなかったり、不足しているなんてこともよくあります。

こういった時にこそ、甘酒を飲んで不足している栄養を補うことができます。

必要なエネルギーも摂ることができます。

甘酒に含まれるビタミンB群には脂質の代謝を促進する働きがあり、脂肪を燃焼させやすくする効果もあります。

ダイエットにも、美容にも、脂質の代謝を促す甘酒は欠かせません。

特におすすめなのが、甘酒が米麹の甘酒です。

米麹の甘酒は100gに含まれるカロリー数はわずか81キロカロリーと低カロリーです。

 

便秘を改善

 

便秘

甘酒にはお腹の調子を整えるオリゴ糖が含まれています。

そして、食物繊維も豊富に含まれていますから、腸内環境の改善する効果があります。

腸内環境が改善されることで便秘が改善され、肌の荒れにも期待でします。

便秘でお腹が張っている状態が改善されたら、ぽっこりお腹もきれいにすっきりしますね。

こういったオリゴ糖や食物繊維は、腸内環境を改善させるためには欠かせません。

腸内環境がよくなるだけで、肌への影響も大きく変わってきます。

便秘になることでなぜ肌が荒れるようになるのか?

胃で撹拌された食物は、小腸で栄養を吸収し、大腸で水と一部のビタミンを吸収しています。

しかし、小腸で必要な栄養がうまく吸収されないと、必要な栄養が全身に必要な分だけ届かなくなってしまいます。

これが私たちの肌にサインとして現れるのが、ニキビなどの肌荒れです。

肌荒れが出るということは、腸内の環境も大きく悪化していると言えます。

善玉菌の減少に加えて、悪玉菌の増殖が増え、腸内環境が大きく悪玉菌へと傾きます。

こうして悪玉菌が増えると、できたガスがまた血液に乗って流れていくことで肌トラブルへと繋がってしまうのです。

美髪効果

美髪

 

甘酒に含まれる成分にビオチンという成分があります。

このビオチンには、コラーゲンなどたんぱく質を作る働きがあります。

髪はタンパク質です。

タンパク質が作られることで、美髪効果が期待できるということです。

甘酒に含まれるコウジ酸は、きれいな髪を作る効果があること昔から言われ、世の女性からは重宝されていました。

甘酒は、頭皮をアンチエイジングできる効果も期待できるんですね。

ビオチンは、身体のエネルギーの代謝にも関わる栄養です。

頭皮の新陳代謝も活発にさせ、頭皮の皮下組織にの血流も良くなり美しい髪を作ることができます。

疲労回復

疲労回復

甘酒には疲労を回復させる効果が あります。

毎日少量ずつ飲むことで身体の疲れも残りにくくなると言われています。

これは甘酒にたんぱく質を作るアミノ酸の含有量が高いことから、飲む点滴と言われていますね。

また江戸時代から親しまれている夏のドリンクとしても有名です。

甘酒には点滴に似た栄養が含まれています。

栄養の中には、システイン、アルギニン、グルタミンといった身体の栄養になるアミノ酸がたくさん含まれています。

そしてビタミンB群を含む甘酒は、炭水化物をエネルギーに変えて疲労回復の手助けをしてくれます。

知っていますか?

甘酒には、種類があります。

甘酒には酒粕から作られるもの。

米麹から作られるものとあります。

疲労回復は、どちらの甘酒にも効果はあります。

しかし、酒粕から作られる甘酒には、1%未満のアルコールが含まれています。

なので、酒粕から作られる甘酒は、お酒が苦手な人には飲みにくい場合もあるかもしれません。

飲みやすい方を選んで飲んでください。

 

リラックス効果

リラックス効果

 

甘酒にはストレスを軽減させる パントテン酸やGABAというアミノ酸 の一種が含まれています。

これが、日々の ストレスや疲れを癒す効果があると言われます。

甘酒は古くから親しまれてきた飲み物。

疲れを癒し、リラックスさせる効果もあるんですね。

リラックスできるのは、甘酒に興奮した神経を落ち着かせることができるからです。

興奮は交感神経が優位に働いている状態にあるため、中々落ち着くことができません。

甘酒には、リラックスさせる栄養が含まれているので、飲むことで興奮を抑え、副交感神経が働くように優位にしてくれます。

そそて、ストレスに対しても鎮める効果もあり、リラックスすることができます。

甘酒の栄養素。
  • ビタミンB1
  • ビタミンB2
  • ビタミンB6
  • 葉酸
  • 食物繊維
  • オリゴ糖
  • アミノ酸
  • ブドウ糖

おすすめの甘酒は米麹から作られたもの

麹

甘酒には酒粕から作られたものと米麹から作られたものとあります。

酒粕から作られる甘酒は、日本酒などのもろみを圧縮した後に残る、白色の固形物をお湯で溶きます。

そして、加熱し砂糖を加えて作ります。

酒粕から作るので、お酒の香りやアルコールは少しばかり加わるために飲みにくい人もいます。

 

一方、米麹から作られる甘酒にはお粥状態にした米に米麹を入れて作ります。

甘いの成分は砂糖ではなくでんぷんからの甘みのため自然な甘みです。

だから、ダイエットにいい甘酒は米麹から作られたものがおすすめです。

酒粕の甘酒はなぜだめなの?

酒粕から作られる甘酒は、アルコールが含まれていることがダイエットに向かないとされる理由のひとつです。

加熱することでアルコールのほとんどは飛んでいますが、それでも微量のアルコール分は含まれています。

そして、砂糖が含まれているのでダイエットにはおすすめとは言えません。

砂糖を加えることで飲みやすくするのですが、砂糖は太りやすくもなる元だからです。

 

ダイエットに効く飲むタイミングと時間

甘酒をいつ飲めばダイエットに効果的になるのか!!

これは飲む時間やタイミングでその効果は変わってきます。

ダイエットをするのであれば、朝に飲む事が最も効果的といえます。

これは甘酒を飲むことでエネルギーとなることから朝に甘酒を飲むことで基礎代謝を上げる事ができます。

さらに甘酒を温めて飲むことでその効果は大きくアップします。

そして甘酒は一日にコップ1杯を目安にするとよいです。

 

寝る前に飲む効果とは

 

寝る前

甘酒にある効果にはストレスを軽減させる効果があるとお伝えしましたが、このストレスこそがこの寝る前に大きな効果を持っています。

基本、夜の時間には副交感神経が働くことでリラックス状態になります。

しかし、身体が興奮している状態、つまり交感神経が長く続いた状態だとリラックス効果を得る事ができません。

こういった場合には、興奮を沈めてリラックスをさせなければ熟睡できません。

ストレスが身体に与える影響はそれほど大きいのです。

こういったストレスを鎮める効果があるのが甘酒です。

甘酒には交感神経の興奮を穏やかにしてくれる働きがあります。

寝る前に甘酒を飲むことでストレスを撃退させることができます。

そして、美肌効果、アンチエイジング効果、疲労効果にも夜寝る前がおすすめと言えます。

 

ダイエット効果を大きく高めるためにやるべきこと

効果

酒粕で作られたものは選ばない

酒粕から作られる甘酒には砂糖が使われています。

砂糖が含まれると太りやすくもなります。

そのため、米麹から作られたものを選ぶようにしましょう。

また米麹の甘酒ならブドウ糖が入っています。

この甘さの元になるブドウ糖の力で、エネルギーとして使われることですぐに代謝してくれます。

また脂肪として溜まることもないためダイエットには米麹なのです。

甘酒にプラスする

甘酒が人によってはどうしても苦手という人もいるかもしれません。

またさらに甘酒の効果を出したいと欲が出てしまう人もいるでしょう。

そんな人には甘酒に効果のあるものをプラスするだけで飲みやすく効果を高めることもできるようになります。

1 豆乳をプラスする

豆乳には、もともと女性ホルモンを高める効果があります。

つまり美容アップ効果やダイエット効果を得ることができます。

豆乳と甘酒との割合は、豆乳:甘酒=1:1の割合です。

ただ、甘酒や豆乳のどちらかが飲みにくい場合、どちらかの割合を変えることで飲みやすさも変えることができるます。

2 生姜をプラスする

生姜には身体を温める作用があります。

甘酒と飲むことで血行も促進されやすくなり発汗効果も高まります。

身体が温まってくるとカロリーの消費の仕方も大きく変わってきます。

また飲みやすさでも甘酒の独特の臭いが気になる人には生姜で解消することもできます。

生姜にはリラックスする作用もあるので、ストレスで悩んでいる人にもおすすめですよ。

それが甘酒に含まれるペプチドには血圧の上昇を抑える効果があります。

しかし、甘酒はお薬ではありません。

飲んですぐに効果がでるといったものでもありませんのでご了承ください。

そしてショウガに含まれる辛味成分によって血液の流れをよくすることができます。

血流が改善されれば、甘酒の効果との相乗効果によって血圧を下げる効果も高まります。

3 ココアをプラスする

ココアの香りをかいだことがある人にとってはあのほのかな甘さが心地よいと感じることだと思います。

ココアの香りで甘酒の匂いをうまく消し飲みやすくしてくれます。

甘酒が、苦手だな~と思っている人にはおすすめです。

またココアにもダイエット効果や美容効果の高い成分がしっかりと含まれてもいます。

 

生の甘酒を選ぼう

甘酒の効果を発揮させるポイントは生であるかです。

本来の生の甘酒には酵素を始め、ビタミンや微生物が甘酒の中で活動しています。

しかし、ここに熱が加わることで酵素の働きも減り、ビタミンや微生物の働きも弱くなってしまいます。

大切なことは加熱処理がされていないことや甘味料を使用していない生の甘酒を選ぶこと。

そして一番おすすめなのが、米麹から作られた甘酒です。

砂糖などの甘味はもちろん使っていません。

麹菌がしっかりと生きた状態なので、美容やダイエット効果も期待できますね。

ただ注意するのは、温めすぎないこと。

もともと甘酒は熱に弱い性質を持っています。

熱を加え過ぎると、甘酒本来の香りや栄養などが失われてしまいます。

そのため、沸騰させないことです。

毎日続ける習慣を!

ダイエットで一番気をつけなければならないこと。

それは、リバウンドです。

せっかく順調にダイエットできていても、リバウンドをしてしまったら意味がなくなってしまいます。

そうならないためにも毎日続けることが大切。

実は、レプチンという物質が毎日続けることに深く関わっています。

レプチンとは脂肪細胞に脂肪が吸収されると分泌される物質です。

ダイエット中に食事の量を減らすとレプチンも減少します。

しかしダイエットを途中で止めると、このレプチンの量がダイエットする前の量に戻ってしまうのです。

満腹感を食事で感じなくなると、つい食べ過ぎてしまいますよね。

これがリバウンドをする原因です。

このレプチンの働きには、短い期間であると増えもし減りもするため太りやすいのです。

そうならないためには、このレプチンの量を安定させることが大切。

そのためには1カ月間は食事の量に気をつけておかなければいけません。

安定するまでに約1カ月はかかるので、この期間は油断しないこと。

 

まとめ

いかがでしょうか。

甘酒の効果にはダイエット効果だけでなく女性にとって嬉しい効果もたくさんありますね。

甘酒は飲むことでそれぞれの効果がありますが、甘酒を肌に塗ることで保湿の効果もあります。

古くから親しまれるだけあって甘酒の効果は絶大です。

驚くべき美容効果とダイエット効果を同時に体感できる優れた飲み物が甘酒です!

カロリーも低くコストパフォーマンスもいいことから手軽に始めることができますね。

日本書紀にも登場する甘酒

ただの栄養ドリンクとしてでなくダイエット、アンチエイジング効果としても使えるんですね。

是非実践してみてください。