キャットエンペラータイム

キャットエンペラータイムとは。

HUNTER × HUNTERの同人誌で、ゴレイヌが発動する念能力のことを言います。

その能力は、ネコ科に対して無敵状態になれる能力

つまり、ネコ科であるピトーの攻撃が無効化されます。

この同人誌は、完全18禁系のアニメの内容です。

基本的には、同人誌の内容は原作に沿っています。

だからこそ、大きな話題になっているんですね。

また、この同人誌は絵のレベルも高いです。

 

キャットエンペラータイムとは?

キャットエンペラータイム

ここで、キャットエンペラータイムとは何かまとめておきます。

キャットエンペラータイムとは同人誌から生まれたもの。

HUNTER×HUNTERに登場するキャラクターのゴレイヌが使用する念能力のことを言います。

ゴレイヌは、知性的で義理人情に厚く、猫が大好きであることが特徴です。

HUNTER×HUNTERでのゴレイヌの念能力は、ゴリラ型の念獣を具現化するもの。

キャットエンペラータイムは、そんな大好きな猫との接触を断ち、ゴリラのみしか触れられない状態になることで発動する念能力。

ネコ科に対して無敵状態になります。

猫に触れられないこと

さらに猫を凌辱しなければならない条件なので発動は難しい。

無敵になるとても効果的で強力な能力なのです。

同人誌のあらすじ

同人誌では、ゴレイヌが主人公です。

そして、成人向けの描写があります。

キメラアント編で、本誌での主人公であるゴンが、ネコ科の念能力を使うピトーに対して怒りを露にするところから始まります。

このシーンは、とても有名なシーンですよね。

本来ここには、ゴレイヌは登場しません。

しかし、同人誌ではゴンの後ろからゴレイヌが登場します。

ゴンを「助けに来た」ゴレイヌ。

しかし、ピトーが瞬時に殴りかかり、「駄目だ、避けられない」とゴンが思った瞬間、ゴレイヌにピトーの攻撃は当たりませんでした。

ゴレイヌはキャットエンペラータイムを発動させていました。

ピトーに対して無敵状態であるゴレイヌ

ゴンに代わってピトーを始末します。

 

HUNTER×HUNTERとは

キャットエンペラータイム

さて、そもそもHUNTER×HUNTERとはいったいどんなものなのでしょうか。

HUNTER×HUNTERは初めて聞いたという人もいるかもしれません。

HUNTER×HUNTERとは、ジャンプに連載されている人気の漫画のことです。

テレビアニメ化もさました。

ここでは、簡単にHUNTER×HUNTERについて解説します。

週刊少年ジャンプで連載の人気漫画

HUNTER×HUNTERは、週刊少年ジャンプで連載されている人気漫画です。

週刊少年ジャンプでは1998年3月16日発売14号から連載スタート。

作者は冨樫義博さん。

主人公のゴンが、父のジンと会うため、父の職業であったハンターとなり、仲間達との絆を深めながら成長する過程を描いた漫画です。

ハンターとは、怪物・財宝・賞金首・美食・遺跡・幻獣など、稀少な価値あるものを追求する人。

テレビアニメ化

HUNTER×HUNTERはテレビアニメ化もされています。

フジテレビ系で1999年10月16日から2001年3月31日まで全62話が放送されました。

現在は、AmazonプライムやU-NEXT
などで見ることができます。

<U-NEXT>31日間無料

登場人物

HUNTER×HUNTERには、どんな登場人物がいるのか簡単に解説いたします。

ゴン

ゴンは、このHUNTER×HUNTERの主人公です。

父親探しのために第287期ハンター試験を受験し、合格してハンターになりました。

強化系能力者。

必殺技は“ジャジャン拳”。

キルア

ゴンの親友。

出会いは、ハンター試験。

有名な暗殺一家であるゾルディック家の出身です。

殺し屋をやめ、翌年の試験に合格してハンターとなります。

変化系能力者。

変化オーラは電気を帯びる

ゴレイヌ

プロハンター。

バッテラに雇われたグリードアイランドのプレイヤー。

ごつい感じの毛深い男

読みが鋭い知性派であり交渉術にも長けている。

ピトー

キメラアントの王・メルエムの直属護衛隊三戦士のうちの1匹であり、猫の遺伝子が非常に濃く出ているキメラアント。

特質系能力者。

トピーは、キメラアント編で初登場します。

話が進むにつれ、トピーのキャラクターが変わっていくのがみどころです。

 

キャットエンペラータイムの口コミ

口コミ

キャットエンペラータイムの口コミはツィッターやYouTubeで見ることができます。

キャットエンペラータイムはTwitterで話題

Twitterでは、公式でキャットエンペラータイムを見たいという書き込みがよく見られます。

一番好きな念能力として挙げる人もいますね。

やっぱり同人誌の完成度がとても高かったこと

ゴレイヌというキャラクター自体が人気なこと

こんなことが理由になっていますね。

この同人誌はHUNTER×HUNTERの原作にそっくりで作画が優れています。

さらに、話の作りこみや、念能力の制限まできちんと描かれています。

だから、原作ファンから支持されているんですね。

ゴレイヌも、屈強な見た目と知的で誠実であることから人気が高くなっています。

キャットエンペラータイムは、かなり強力な念能力です。

そのため、ゴレイヌがもとから使う事の出来る念能力より好きだという声もあります。

YouTubeでのキャットエンペラータイム

HUNTER×HUNTERを解説するYouTubeチャンネル

ゴレイヌが取り上げられましたね。

ゴレイヌの能力や性格を解説するだけでなくキャットエンペラータイムについてもYouTubeで解説されました。
その動画も、同人誌の完成度の高さを取り上げていますね。

キャットエンペラータイムとは?まとめ

いかがでしょうか。

キャットエンペラータイムについておわかりいただけましたか。

HUNTER×HUNTERはジャンプでも人気の作品。

同人誌でも面白い設定が考えられてます。

HUNTER×HUNTERは1998年から連載がスタートしましたが2018年11月末以降休止状態となっています。

過去を振り返ると2006年以降、たびたび腰痛などが理由で計11回ほど長期休載されています。

2014年の1年8か月休載の時に作者の富樫さんが少年ジャンプで「重度の腰痛により執筆が困難な状況」と書かれていました。

再開される日が心待ちにしてされますね。