車でお出かけ

車でお出かけ
行楽に車でおでかけするのって、とっても楽しいですよね。

寒い冬や暑い夏に必須のエアコン。
実はエアコンが一番燃費を悪くする原因ってご存知ですか。
ガソリン代が1番かかるのが、実は「カーエアコン」です。
暑い日や寒い冬にカーエアコンをつけると、グンとガソリンの減りが早いと感じたことってありますか?
これはエアコンがコンプレッサーを回して冷気や暖気を作って循環させているためです。
家の室外機でも同じくコンプレッサーが回っていますが、電気がありますから問題ありません。

車の場合は、ベルトの回転を利用してコンプレッサーを回転させているため、余計な力を奪われてパワーダウンしてしまいます。
馬力が足りないと走れないので、さらにエンジンが回転させようと働きます。
これがエアコンをつけると燃費が悪くなる理由です。

「ガソリン代をもっと安く済ませられる方法ってないのかな?」

家計のためにガソリン代を節約したい!という方のために、ガソリン代のお得な節約術をご紹介したいと思います。

でも、暑かったり、寒かったりとどうしてもエアコンは必要です。
では、どうすれば節約出来るのでしょうか?

オート設定にする

そして、冷房のときは、車内の空気の流れを「外気導入」から「内気循環」に切り替えます。車内の空気を外に出さないようにして、外の空気を暑い空気を車内に取り込まないようにすれば、車内の温度は一定に保たれます。

そして、カーエアコンを自動で車内の温度を検知してくれる「オート設定」にします。
これが1番燃費の良くなる方法です。
「エアコンは消したりつけたりしたほうが、節約になるわよね!」
と思っている人は勘違いしています。
人間の感覚で、エアコンをつけたり消したりすると余計な動力が多くなり、燃費が悪くなります。
実は、家のエアコンもオートでつけっぱなしが節約になります。
エアコンはつけっぱなしが一番の電気代節約術になるってよくテレビでもやっています。

また暖房にするときは、外気導入に切り替えることにより、エンジンで温められた風が送風されて、早く社内が温められ暖房効果が早くなります。
エアコンはオート設定で、夏は内規循環、冬は外気導入と切り替えることがポイントです。

エアコンの吹き出し口の調整を夏と冬で変えることも大切
空気の特性を利用する。

空気は「暖かい空気は上」へ、逆に「冷たい空気は下へ」と流れます。
この法則によって、エアコンの吹き出し口を温度によって向きを変えます。
夏場は、冷房の吹き出し口は上向きにして下に流します。
冬場は、暖房の吹き出し口は下向きにして上に流します。
季節に合わせて吹き出し口を調整するだけで、エアコンの効率もかなり違いますから、ぜひ実践してみましょう。

また夏場は車内の空気が暑くなっています。
行楽地に行く途中、サービスエリアなどに車を止めていただけで猛烈に暑くなります。
そんな時は、前のドアを1か所、後ろのドアを1か所あけ、ドアを閉めたりあけたりします。そして車内の暑くなった空気の入れ替えをしましょう。
可能な限り車内の温度を下げてから、エアコンを入れれば燃費の効率がアップしますよ!

他にも車内に入れておくべき必須アイテムとして、窓ガラスに貼るサンシェードも車内の温度を上げないためには随分と役にたちます。
必要時取り付けてみるといいでしょう。

ガソリン代を節約する方法

ガソリン代を節約する方法として、効果の高いのは、安く給油出来るクレジットカードを使って、ガソリン代を浮かすことができます。
ガソリン代をクレジットカードで払う方は、とても多いと思います。

最近ガソリン価格はだいぶ落ち着いてはきましたが、同じカードで払うなら安いカードを使った方が断然お得です。

ガソリン代の節約でおすすめカード

1Lあたり2円引きになる「出光カードまいどプラス」
通常でも2円引きなのに、「ねびきプラスサービス」(年会費540円)に入れば、ガソリン・軽油がなんと最大8円/L引きも可能です。
入会後1ヶ月間はガソリン・軽油が5円/ℓ引き、灯油が3円/ℓ引きになる入会特典付き
さらに、ご利用明細書をパソコンでダウンロードできるサービス「ウェブ明細」にすると、毎年4/11~5/10の出光SSご利用のガソリン・軽油代が通常の値引きに加えて「エコねびき」で3円/ℓ引きになります。
さらに、毎月10ポイントがプレゼントされる「エコ・プラスポイント」も適用されます。

ガソリン価格が3%還元となる「ENEOSカードP」。
年会費1,250円(初年度無料)がかかってしまいますけれど、貯まったポイントは1,000P = 1,000円でキャッシュバックされENEOSで、1,000ポイント単位で使うことができます。

色んなガソリン代の節約術がありますが、やはり運転の仕方が一番。
アクセルをふかし過ぎない、急な加速をしない、急な減速もしないようにする、タイヤの空気圧を適正に保つ、無駄に重いものを載せたままにしないなどの対策が必要です。
毎日通勤・通学で車を使う方は心がけ次第で、年間で何万円も差が出てきます。