ツリーハウスカフェ

椿森コムナは、子供の頃憧れだった秘密基地のようなツリーハウスがあります。
神奈川にあったなんじゃもんじゃカフェや広尾にあるレ・グラン・ザルブルと違って
ツリーハウスの中はゆったりとしたスペースはありません。

本物の秘密基地のようなツリーハウスです。
なので大人には少し狭いかもしれませんね。
ですが童心に帰った気分を味わえます。

ツリーハウスカフェ椿森コムナの場所は、千葉駅から徒歩約9~11分。
モノレールの千葉公園駅からは徒歩3分のところにあります。
千葉公園モノレール

椿森コムナのアクセスや駐車場はこちらの記事が参考になります。
椿森コムナのアクセスや駐車場

ツリーハウスカフェ椿森コムナは、小さな森の中にツリーハウス、タイニーハウス(小屋)、エアストリーム(キッチンカー)が集まったカフェで、のんびりできるコミュニティスペースです。
目の前は千葉公園のハス池が広がっています。ツリーハウスの中から見えます。

椿森コムナに行ってきました

当日は、気温が低く寒かったのですが天気も良かったので行くことにしました。
ツリーハウスカフェ椿森コムナには、車で行きました。
駐車場は千葉公園内の駐車場を利用しました。
千葉公園駐車場
天気のいいので、千葉公園を散歩しながら、ハス池を見ながら行きました。
カモがのんびり泳いでいました。

ツリーハウスカフェ椿森コムナは、高台の住宅地の中に秘密の隠れ家のようにあります。
ツリーハウス椿森コムナ

中に入るとスタッフの皆さんが「こんにちは」と声をかけてくれます。
ツリーハウスに登ったり、ハンモックに揺られたりと自由に楽しむことができます。

ツリーハウスカフェ椿森コムナでは、キッチンカーで食べ物や飲み物を購入して、ツリーハウスで食べたり、タイニーハウスでゆっくりすることもできます。
またグループでテントのSPACO(スパコ)を貸切にできます。
スパコ
利用料金は平日500円、土日1000円で30分貸し切りにできます。

大人でも7~8人は入れるスペースです。

ツリーハウスカフェ椿森コムナでワークショップを体験

またツリーハウスカフェ椿森コムナではワークショップも開催されます。
定期的に行われるワークショップは事前にチェックしておくと子供も大人も楽しめますよ。
当日は、ちょうどアウトドアバームクーヘン作りをこれから始めますがいかがですかと声をかけてもらいました。

ふらっと立ち寄ったのですが、タイミングよくちょうどアウトドアバームクーヘン作り体験することになりました。

レクチャーしてくれたのは、ここの名物オーナーのジーザスと呼ばれる立派な髭をたくわえた仙人のような風貌の方(笑)

バームクーヘン作りバームクーヘン作り

まず、ステンレス製の棒にアルミホイルを巻いてサラダ油を塗っておき、ホットケーキの粉を溶いたもの(中にふっくらさせるようにサラダ油と砂糖を入れるそうです)をお玉で掛けては焼き焦げ目がついたらまた掛けて繰り返すこと6回。切ってみると断面は年輪のようになっていてまさにバームクーヘンの出来上がり!!

焼きたてのバームクーヘンはタイニーハウス(小屋)の中でオーガニックコーヒーと一緒に食べました。

外はカリカリ中はモチモチで最高に美味しかったです。

帰りにテイクアウトでバターチキンカレー¥700と辛いのが好きなのでジャックチキンカレー¥900と自家製ピクルス¥800を買って帰りました。

本格的で美味しかったです。

他にも美味しそうなお店があったのでまたいきたいと思います。

今度は、暖かくなってからお友達とビールとつまみで一杯飲みたいので電車で行ってみようと思います。

ライトアップも雰囲気がいいようなので夜がいいなぁ!

ツリーハウスカフェ椿森コムナはこんな感じです。