8日間自力でシミをとった私の記録

「8日間 自力でシミを取った私の記録」とは、どんなものでしょうか。

「8日間 自力でシミを取った私の記録」とは、以前販売されていた情報商材です。

セールスページに出てくる動画は、シミ取りレーザーを受けた動画になっています。

8日間 自力でシミを取った私の記録

情報商材の内容は

今まで何してもとれなかったシミが、8日間で自力でキレイに取った記録を紹介!

100円程度ですぐに用意できる「あるモノ」を使って気になる、シミや傷跡が取れるよ?

知りたくありませんか?

というような内容です。

しかし現在は、販売していません。

8日間自力でシミを取った私の記録

「8日間 自力でシミを取った私の記録」とは、今は販売されていない情報商材です。

8日間自力でシミを取るというのは、肌のターンオーバーから言うと不可能です。

信憑性のない商品といえます。

そして、現在は販売していません。

 

シミをとる方法とは

シミととる方法

年を重ねるごとに、顔のシミは増えてきます。

大きく濃いシミは顔の見え方を変えてしまいます。

できるなら、シミはないほうがいいですよね。

顔のシミを自分で取るには、どのようにすればいいのでしょうか。

顔のシミを自分で取る方法!

顔のシミを自分で取る方法はどのようなものがあるのでしょうか。

シミの種類によって治療方法が異なります。

そのため、まずクリニックなどで正しい診断をしてもらうことも大切。

やみくもに化粧品を使っても、シミが改善しなかったり、逆に濃くなるなんてことも。

そうならないためにも、シミの種類を知ることがポイントになってきます。

シミの種類と治療方法

シミの種類とは、どんなものでしょうか。

シミは大きくは、4種類に分類されます。

シミの種類

  1. 老人性色素班・・・紫外線があたった場所にできる茶色の色素
  2. 雀卵斑(じゃくらんはん)・・・そばかす
  3. 炎症後色素沈着・・・ニキビ跡・蚊に刺された跡など
  4. 肝斑(かんぱん)・・・頬骨の上とかに左右対称にうっすらと出来るシミ。

 

そして、シミの治療法は、2つの方法があります。

シミ治療の方法

  1. 美白剤の内服と外用
  2. レーザーや光治療(IPL)

 

顔のシミを自分で取る方法で、一般的なのは美白剤の内服と外用です。

では、それぞれの治療方法についてご紹介していきますね!

美白剤の内服

美白剤の内服とは、どのようなものでしょうか。

美白剤は、ドラックストアなどで手に入ります。

美白剤の内服としては、以下が有名です。

  • ビタミンC
  • シナール
  • ビタミンE
  • ユベラ
  • トラネキサム酸
  • グルタチオン
  • L-システイン
  • ハイチオール

内服薬は、4種類のシミのどれにも適用されます

ただ、内服薬を飲んで、どんどんシミが薄くなることはありません。

どちらかといえば、これ以上シミが濃くならないようにするくらいです。

人によって効果は違いますから、いろいろ試してみることが一番です。

今あるシミが増えないようにする「予防」的な意味合いで飲むのがいいかもしれません。

トラネキサム酸

トラネキサム酸に関して、「肝斑」は飲んでいるだけで1か月~2か月ぐらいで「肝斑」が薄くなってくるというエビデンスがあります。

美白剤の外用

次は、美白の外用剤をついてです。

美白の外用剤として有名なものとしては、以下になります。

  • ハイドロキノン
  • ルミキシル
  • トレチノイン

こちらも、4種類のシミのどれにとっても有効なものになります。

人によって効果に差はありますが、塗っていてシミはある程度薄くなる方が多いです。

しかし、はっきりとした濃いシミに関しては、それが消えるという程の効果はありません。

また、ハイドロキノンには細胞毒性があるという風に言われています。

あまり長期に連用していると「白斑」と言われる顔に白抜けができる場合があります。

そのため、半年を目安に外用を1度休薬することをおすすめします。

美白剤の内服とか外服では、なかなかシミが薄くならない場合は、

レーザー治療や光治療という選択肢があります。

顔のシミを消すレーザー治療&光治療

レーザー治療&光治療は、大きく3種類があります。

レーザー治療&光治療の種類

QスイッチYAGレーザー

QスイッチYAGレーザーは、強い出力のレーザー治療で、かさぶたにして部分的にシミを取る治療法です。

レーザートーニング

レーザートーニングは、優しい出力のレーザーを顔全体に広めに当ててちょっとずつシミを薄くしていくというもの。

フォトフェイシャル

フォトフェイシャルは、光エネルギーを照射する治療です。

レーザーではなくて幅広い光を当てて、シミやそばかす、くすみのほか、ニキビ痕など肌の赤みを改善します。

シミや小じわも改善させたりというような全体のアンチエイジングを目指していくものになります。

※参考 美容皮膚科:https://mbcl.co.jp/article/073/

それぞれのシミの種類によってレーザー治療や光治療の適用も違ってきます。

 

ほとんどの人は、4種類のシミが何種類か混ざってあります。

何種類かのシミが顔にある場合、まずは肝斑を第一に治療するのが一番です。

 

肝斑の治療法

肝斑の方の治療法は、レーザートーニングというものが適用になってきます。

肝斑は刺激によって悪化してしまう可能性があるため、レーザーによる治療が困難であると言われていました。

しかし、そんな肝斑治療を可能にしたのがレーザートーニング。

少しずつ薄くしていくことが可能です。

肝斑はレーザートーニングをしていてもすぐ薄くなるかと言うとすごく難治なんです。

そのため、美白剤の内服のトラネキサム酸や美白剤の外用も併用して治療しましょう。

老人性色素班の治療法

シミの多くを占める老化に伴うシミ(老人性色素斑)やそばかすの治療にはQスイッチYAGレーザーがおすすめです。

ただし、老人性色素班がすごく濃い場合には、1回で取れない場合もあります。

逆に薄すぎる場合は強いレーザーを当てても上手く反応しないこともあるんですね。

治療法については事前にクリニックでよく相談してください。

雀卵斑(そばかす)の治療法

次に雀卵斑(じゃくらんはん)、いわゆるそばかすの治療法です。

これについては、強い出力のレーザー治療もレーザートーニングも光治療も適用になります。

ダウンタイムをどう考えるかで選んだら良いと思います。

顔中にかさぶたができるようなダウンタイムがあまり気にならない方は、強い出力のレーザーを当てて一気に取るというのもあり。

そのようなダウンタイムはなるべく避けたいという方は、レーザートーニングとか光治療で少しずつ薄くしていくというのも良いでしょう。

 

炎症後色素沈着の治療法

炎症後色素沈着というのは、何もしなくても少しづつ薄くなってくるものなので、無理に治療しなくても良いですよね。

ただし、レーザートーニングをすると、炎症後色素沈着が薄くなるのが早くなります。

なので、治療するならレーザートーニングがおすすめです。

 

まとめ

いかがでしょうか。

「8日間 自力でシミを取った私の記録」とは、今は販売されていない情報商材でした。

信憑性のない方法で、買ってはいけない商品です。

シミ取りは、病院で治療すれば効果は期待できます。

シミ取りレーザーはいくつもの種類があり、それぞれ得意な治療が異なります。

老人性色素斑、そばかす、肝斑など悩みに合ったシミ取りレーザーを選ぶことも大切です。