ニキビができる

ニキビができる
ニキビの原因は、食生活の乱れやストレス、ホルモンバランスの乱れなどが一般的に言われますよね。
しかし、無意識にやってしまうクセがニキビの原因になっていることがあります。
これら10個の癖をなおすだけで、できやすいニキビが改善するかもしれません。

では、ニキビの原因になる10個のクセをご紹介しましょう!

手で顔を触るクセがある

手で顔を触る
あなたは、手で顔を触ることないですか?
無意識でやっていることが一番多いのがこの癖。
気づけば、手で顔を触っています。

頬杖もよくありません。

手が顔に触れたとき、手に付着している菌が顔に移ります。
手には、たくさんのばい菌がついてることはみんな知っています。

さらに、指でニキビを触ると、炎症を悪化させ、肌内部のメラノサイトを刺激し、色素沈着を引き起こすことでニキビ跡にもなります。
ニキビは、触らないように気をつけましょう!

洗顔前にはまず手を洗い

手洗い
洗顔前に顔洗っていない人も意外とたくさんいます。
洗顔するから、いいと思ってしまいがちですが、手には雑菌がいっぱいです!
雑菌だらけの手で顔を洗えば、顔に雑菌を擦りつけているようなものです。
手についている汚れやバクテリアを顔につけル前に、まずはしっかり手を洗いましょう。

洗い流しが不十分

洗い流し
洗い残しがあると、ニキビなどの肌トラブルの原因となります。
せっかく洗顔しても、浮かせた汚れをしっかりと流さないと余計にニキビができやすくなります。
特に、生え際やフェイスライン・耳周りは、特に気をつけましょう。
皮膚に汚れがついたままだと、古い角質層がたまり、新しい角質層に生まれかわる妨げとなります。
正常な新陳代謝を行うためにも、しっかりと洗い流しましょう。

タオルで顔をこする

タオル
洗顔したあと、タオルでゴシゴシ顔をこすっていませんか?
洗顔後の敏感な肌を傷つけないようにしましょう。
タオルでこすり過ぎると、肌の表面を守っている角質をはがしてしまうことがあります。
こするのではなく、タオルを肌に当てて水分を吸わせるようにしましょう。

高温のシャワーを浴びる

シャワーの水圧、高温は刺激が強いんです。
洗顔後の肌は敏感になっています。
高温のシャワーは、気持ち良いのでついついやってしまいますが気をつけましょう。
特に、シャワーの水圧は顔にはちょっぴり刺激が強過ぎます。
シャワーの水圧を直接、顔にあてることによって毛穴やシワが刺激され敏感になります。
肌を乾燥させる原因ともいえますので控えるようにしましょう。

シャワーの高温は肌には厳しいのです。
洗顔に適していると温度は30度強でいわゆる「ぬるま湯」です。

化粧水をつけた後、手でパンパンと顔を叩く

パンパン
化粧水をつけたあと、顔をパンパンとたたいていませんか?
化粧水をつける時にパンパンと叩くのは、いいとは言えません。
特に敏感肌にはよくありません。
毛細血管が切れて全体のトーンが落ちてしまいます。
なじませるように優しく滑らすのがいいでしょう。
特に血管の細い目の周りは要注意です。

メイクスポンジやブラシを洗わない

ファンデーションのスポンジには、汚れが付着しています。
こまめに洗わないと顔に汚れをつけることと同じです。
皮脂やメイクの油分などが付着しているため、うっかり放置はいけません。
スポンジやブラシは驚くほど大量の細菌がいると言われますね。

そんなスポンジやブラシを使うということは、大量の細菌を顔にぬることに。
肌トラブルや老化防止のためにも気をつけましょう。
定期的に買い替える、もしくは少なくとも週に1度は洗いましょう。

枕カバーを頻繁に洗っていない

枕カバー
これもとれも大切なことです。

就寝中、顔と接触することが多い枕。
寝具を清潔にすると肌荒れがよくなったという話もあります。
枕には皮脂の汚れや頭皮の汚れ、また汗も染み込んでいます。
さらに、ダニのすみかにもなってしまいます。
枕カバーは定期的に洗うようにしましょう。

少なくとも週に1度は洗いましょう。
枕カバーの替えを準備するのが面倒な方は、ハンドタオルやバスタオルをまくらに巻くことをオススメします。
タオルを毎日取り替えるのは、意外と手間はかかりません。

ハンカチ、タオルが汚れている

いつも外出中に持ち歩くタオルやハンカチ。
手を拭いた後のしめったハンカチを鞄の中やポケットに入れておくと雑菌が増殖してしまいます。
気になる人は数枚持ち歩くのもおすすめです。
手洗い後の水や汗を吸収して湿ったままのハンカチを、バッグの中にしまうと、雑菌が繁殖します。
服のポケットにしまっていると体温で温まり雑菌がさらに繁殖します

雑菌がついたハンカチは、ニキビだけでなく、肌荒れやウイルス感染の原因にもなりますね。

スマートフォン・アイフォンが汚れている

解約
タッチパネルやボタンを頻繁に操作するスマホはとても汚い。
顔につけて話すと、肌への影響も大きくなります。
長時間話した後の画面を見てみると、皮脂やファンデーションがいっぱい!
もちろん、細菌もいっぱい。

ということになります。
ティッシュやスクリーンクリーナーで落とすだけでは不十分で、きちんとした殺菌効果のあるペーパーでこまめに拭き取ることも大事です。

治らないニキビの原因は意外なこと

治りにくい慢性的なニキビは本当につらいです。
化粧はできなくなり、どんなにアイメイクやヘアスタイルを頑張ってもニキビで台無しになります。

顔に触らない、枕カバーやハンカチを清潔にする。
これだけでも、ニキビができにくくなる人もいます。