自転車パンク

自転車パンク
ママチャリ(自転車)のパンク修理の料金は自分でやれば100円で済みます。
それと、アサヒ、イオン、カインズなどのお店でお願いしたときの料金と自分でやる場合を比較してみました。

しばらく使っていなかった自転車。
ひさしぶりに使おうと思ったら、パンクしてた。
なんてことないですか?

自転車のパンク修理代の料金はいくらかかるのでしょうか。

自分でパンク修理をする場合は、百均のパンク修理キットを使えば100円でできます。
一方、パンク修理をあさひなどの自転車屋とか、イオンやヨーカドー、カインズなどにお願いする場合は、1000円前後くらいの料金がかかります。

自転車のパンクの修理を自分でやるなんてできないって考えるかたも多いと思います。
ですが、パンクの原因によってはカンタンに直せるケースもあります。

ママチャリ(自転車)のパンクは症状別に対処方法がちがいます。

もし、長いこと使ってなかったママチャリがパンクしていた
というケースの場合

虫ゴムが原因の可能性大です

外で走っていないのに、パンクしている場合、虫ゴムの劣化が原因のパンクがあります。
この場合、虫ゴムを交換するだけで済みます。
虫ゴムを交換するのは、すごく簡単です。

虫ゴムが原因でパンクした場合は、パンクの修理料金は自分でやれば100円でできます。

虫ゴム交換の仕方

自転車修理
まず黒いキャップをはずします。

そして中になる
虫ゴムを確認してみます。
虫ゴム劣化
虫ゴムが劣化して切れていました。

なので新しい虫ゴムと交換します。
虫ゴム交換

そして新しく交換した虫ゴムを取り付け、タイヤに空気を入れるだけです。
虫ゴム

自転車パンク修理

走行中、釘やネジなどを踏んでタイヤに傷がついてパンクした場合。

この場合は、自分でやれば100円でできます。
お店で修理してもらう場合でも1000円前後でできますので、
料金とめんどくささを天秤にかけ選ぶといいでしょう。

また空気が入っていない状態で自転車に乗って、タイヤを痛めてパンクした場合は、
自分で直すのは手間がかかります。
この場合は、素直にお店でやってもらうのが一番。
自転車に詳しい人なら自分でできると思いますが、ママチャリでわざわざそこまで手間かけるより、やってもらうほうが楽です。

虫ゴム交換や、タイヤに傷がついて穴があいた場合は原因もわかりやすく比較的簡単に直せますが、それ以外は原因を探すのも大変ですし、直すのもある程度知識も必要です。

まとめ

ただ、ガラスを踏んでパンクした場合もお店で直してもらうのが一番。
ガラスの破片で怪我する危険もあるし、複数個所パンクしている可能性もあります。
手間がかかりそうなパンク修理は、お店で。
虫ゴム交換くらいのパンク修理なら自分でやるのがおすすめです。